顔の毛穴を目立たなくする洗顔方法

Posted in 治し方 on 10月 17th, 2014

人の肌は排出器官でもあります。毒素や老廃物は本来内臓で処理されるものですが、体調不良や食べ過ぎ、便秘などが原因で処理されない成分ができると、最終的に皮膚から体外に排出されることになります。
この時皮膚組織や汗がその役割を果たしますが、出口は基本的に毛穴になります。

これが毛穴の中に残り黒ずみの原因となりますが、毛穴が広いからといってデトックス効果が上がるわけではなく、肌のコンデションの観点から言うと毛穴は締まっていた方が好ましいのです。
「毛穴を広げて洗う」必要は無く、お湯などで顔を洗うと一瞬は毛穴が開きキレイになったように錯覚を起こしますが、汚れの原因は皮膚の深層下にあり、次々と肌表面ににじみ出てくるので、あまり意味はありません。

毛穴を目立たなくするには毛穴の「開き癖」を治す必要があります。したがって洗顔は冷水で洗うことが基本になります。
お風呂など入った後も、風呂上りに軽く冷水で顔を閉めるクセをつけるだけで、この「開きクセ」はましになります。
アルコール系の化粧水は最近刺激が強いことから避けられる傾向にありますが、開いてしまった毛穴を締める、という観点からは非常に効果の高いものです。


This post is under “治し方” and has no respond so far.
If you enjoy this article, make sure you subscribe to my RSS Feed.